セレッソ大阪、MF秋山大地が全治4カ月…山形への期限付き移籍から復帰も

写真拡大

 セレッソ大阪は1日、MF秋山大地がトレーニング中に負傷し先月29日に手術を行ったことを発表した。なお、左脛骨疲労骨折と診断されており、全治4カ月。

 C大阪の育成組織出身の秋山は2013年にトップ昇格を果たした。以降J1リーグ戦で合計18試合の出場、昨季は7月にモンテディオ山形へ期限付き移籍し明治安田生命J2リーグで4試合に出場していた。

 C大阪は今月22日に明治安田生命J1リーグ開幕戦で大分トリニータと対戦する。