新潟DF舞行龍ジェームズが契約更新

写真拡大

 アルビレックス新潟は1日、DF舞行龍ジェームズ(31)と2020年シーズンの契約更新に合意したことを発表した。

 ニュージーランド出身の舞行龍ジェームズは、成立学園高から2008年に新潟へ加入。その後、JAPANサッカーカレッジ、金沢、長崎への期限付き移籍を経て、2017年に川崎Fへ完全移籍したが、昨年8月に完全移籍で新潟に復帰していた。同シーズンは新潟でJ2リーグ戦15試合に出場している。

 クラブ公式サイトを通じて「今日の発表にいたるまで、サポーターの皆さんにはご心配をおかけして、申し訳なく感じていると同時に、今年もまた大好きな新潟で、皆さんと共に戦えることを、非常に嬉しく思っています!」と心境を語り、「チームの目標にたどり着くために、そしてサポーターの皆さんの想いを背負う覚悟を持って、今シーズンの戦いに挑んでいきます」と誓った。