和田昌裕強化・アカデミー本部長が退任

写真拡大

 ツエーゲン金沢は31日、和田昌裕強化・アカデミー本部長が本日付けで退任することを発表した。

 ヴィッセル神戸や京都サンガF.C.、タイリーグで監督を歴任した和田氏は、2016年12月から約3年間、金沢の強化・アカデミー本部長を務めていた。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「突然のご報告になり、関係者の皆さまにご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。関係者の皆さま、サポーターの皆さま、3年間本当にお世話になりました。そしてありがとうございました。新しいシーズンが始まった矢先にこの様なご報告になりましたことをお許し下さい。

 皆さま方からいつも温かく、親切なお言葉を掛けていただき、それが日々の励みになっていました。着実に成長しているクラブと今後も一緒に歩んでいきたかったのですが、家庭の事情により、単身赴任での職務の遂行が難しくなったことをクラブにも理解していただきました。ツエーゲン金沢に誘っていただいた西川GMには感謝の気持ちしかありません。もっともっと金沢での生活を楽しみたかっただけに残念でなりません。

今後は家族と生活しながら、新天地で頑張っていきます。2020年がツエーゲン金沢にとって素晴らしい一年になります事を心から願っております。本当にありがとうございました」