清水、元広島FWティーラシンを完全移籍で獲得! 1年ぶりのJ復帰

写真拡大

 清水エスパルスは31日、ムアントン・ユナイテッドFC(タイ)からタイ代表FWティーラシンが完全移籍にて加入すると発表した。

 ティーラシンは1988年生まれの31歳。ムアントン・ユナイテッドなどタイ国内クラブの他、マンチェスター・C(イングランド)やアルメリア(スペイン)に在籍した経験がある。また、2018年にはサンフレッチェ広島に加入し、明治安田生命J1リーグで32試合出場6得点を記録した。

 移籍決定に際し、ティーラシンは新天地となる清水の公式HPで意気込みをコメントした。

「サワディカップ(こんにちは)。ムアントン・ユナイテッドFCから移籍してきましたティーラシン デーンダーです。今シーズンから清水エスパルスの一員になれて嬉しく思います。静岡は富士山が目の前にあり、感動しました。2018年にエスパルスと対戦した時に、とてもサポーターが熱いチームだと思いました。チームのために頑張りますので、熱い応援よろしくお願いします!」