「新型コロナウイルスの「国際緊急事態」宣言で、いま世界が最も懸念すべきシナリオが見えてきた」の写真・リンク付きの記事はこちら

新型コロナウイルスのアウトブレイク(集団感染)について1月30日、世界保健機関(WHO)が「国際緊急事態」を宣言した。わずか1週間で症例数が10倍へと急増したことを受けた措置だ。WHOは今回のアウトブレイクを、中国以外の国々にも危険を及ぼし、連携のとれた国際的な対応が必要となる「異常な出来事」と位置づけている。

WHOのジュネーヴ本部が緊急事態を宣言したことで、中国における移動と経済活動への制限がさらに強化される。すでに米国企業の多くは中国の事務所を閉鎖しており、航空会社は直行便をキャンセルしている。

中国国内では、30日の時点で7,800人以上の患者が「2019-nCoV」として知られる新型コロナウイルスに感染し、死者数は170人に上っている。これまでに、8人が発症した米国を含む18カ国で症例が確認されている。

新型コロナウイルスの関連記事新型ウイルスの世界への拡散で、事態は新たな段階に入りつつある新型コロナウイルスについて、改めて知っておくべき「4つのこと」新型ウイルスの危険性を、人工知能が世界に先駆けて「警告」していたウイルスが急拡大する「恐ろしいシナリオ」を、科学者たちは“予見”している感染源は、本当に「市場のヘビ」なのか? 新たな論文を巡り波紋「武漢での封じ込め」では、もうウイルスの感染拡大は止められない

最新情報は公式TwitterをフォローFollow @wired_jp

症例数の爆発的な増加を受けて公衆衛生の専門家たちは、米国の準備体制が十分なのか疑問を呈している。州をまたいで何千人もの人々に感染する恐れがあるSARS(重症急性呼吸器症候群)やH1N1型インフルエンザといった伝染病に対しては、特にそうだ。

すでに中国に滞在していた米国人は帰国し始めている。今週になって武漢から退避した201人の米国人は、現在はカリフォルニア州南部の軍事基地に隔離されている。一方で、大学の管理部門は交換留学生たちに対し、可能な限りすみやかに中国を離れるよう伝えている。

問題になる医療体制とサプライチェーン

新型コロナウイルスのアウトブレイクは、冬のインフルエンザシーズンのピークと時期が重なっている。このため患者数が突発的に増えた場合に、現時点で病院にいる医者や看護師の数で対処できるかどうかは不透明だ。

「わたしが最も心配しているのは、患者数の増加に対して病院や診療所の対応能力が十分であるかどうかです」と、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターの疫学者で上級研究員のジェニファー・ヌッツォは語る。「インフルエンザの季節の真っただ中なので、どの病院も患者で満員です」

こうしたなか米疾病予防管理センター(CDC)は1月29日、新型コロナウイルスへの感染が疑われる36州の92人を監視下に置いたことを発表している。試験ではそのうち8人で陽性反応が確認され、米国初となる人から人への感染も確認された。

過去のアウトブレイクとの戦いでは「情報格差」が危険な伝染病の感染につながっていた。2015年の例では、テキサス州のある看護師が当時のCDCのガイドラインに従っていたにもかかわらず、エボラウイルスに感染した。この出来事を受け、CDCは医療従事者向けのガイドラインを改訂している。

中国では医療従事者が、マスクやスーツ、グローヴといった個人用保護具の不足と戦っている。大量生産される医療用品の多くが中国の工場でつくられていることから、不足が長引けば米国などの医療従事者にもリスクが及ぶ可能性があるとヌッツォは指摘する。「医療用品のサプライチェーンは一般的に“細い”ので、それがアキレス腱になっています」

新型コロナウイルスの感染力については不明な点が多く、気づかないまま感染を広げている患者が多数いる可能性がある。「仮に今日ウイルスに感染したとすれば、症状が出ない潜伏期間が14日ほどあります。ウイルスが伝染する状態に気づかないまま7日が過ぎてしまったら、その7日間はマスクを着用する必要性にも気づかず感染を広げていたことになります」と、オバマ政権下の国家安全保障会議で伝染病への緊急対応を担当したデイヴィッド・マルコッツィは語る。

巨額の予算も対応には不十分

米国の公衆衛生当局によると、アウトブレイクは深刻なレヴェルにまでは達していないものの、すでに米国人の一部は防護マスクの買いだめに走っているという。しかし、中国製の医療用品の不足が長引いた場合には、対応策が存在する。

2020年度の連邦予算には、公衆衛生上の緊急事態への対策予算として、「戦略的国家備蓄」に充てられた6億2,000万ドルを含む26億ドルが計上されている。この備蓄体制を通じて、医薬品、ワクチン、マスク、注射器などの医療用品が秘密の場所に保管されている。このほか、病院が緊急事態に備えるための費用として、2億5,800万ドルが割り当てられている。

これほどの金額にもかかわらず、公衆衛生全体の予算規模はオバマ政権とトランプ政権にかけて縮小しており、現在の割当額では深刻な伝染病に対処するには不十分である。

公衆衛生と安全保障について議会に助言するシンクタンク「Bipartisan Commission on Biodefense(バイオディフェンス超党派委員会)」事務局長のアシャ・ジョージは、「目に見えて切迫していない問題を優先的に扱うことは難しいのです」と言う。ジョージによると、米国の公衆衛生システムは、中国における事態と同じようなアウトブレイクに対処する備えができていないのだという。

いま最も懸念すべきこと

ほかにも、誰が「責任者」であるかという問題がある。新型コロナウイルスのアウトブレイクを巡っては、米国では保健福祉省(HHS)や関係各省、国防当局が対応に当たっているが、ホワイトハウスは1月29日の時点で、これらの調整を一手に担う人物を指名していない。

新型コロナウイルスのアウトブレイクが発生して以来、この問題について公の発言をしてこなかったドナルド・トランプ大統領だが、今週に入って米国が中国に協力を申し出たことに加え、「わが国の専門家は非常に優秀だ!」とツイートしている。

We are in very close communication with China concerning the virus. Very few cases reported in USA, but strongly on watch. We have offered China and President Xi any help that is necessary. Our experts are extraordinary!

- Donald J. Trump (@realDonaldTrump) January 27, 2020

「ウイルスに関して中国とは極めて密接なコミュニケーションをとっている。米国ではごくわずかな症例しか報告されていないが、状況をきちんと監視している。われわれは中国と習国家主席に、必要なことがあれば何でも対応すると伝えている。わが国の専門家は非常に優秀だ!」

だが本当に問うべきは、インフラが十分に確立されていない国々が、いかにアウトブレイクに対処するかという問題だ。

「中国でこれまで起きたことではなく、ほかの国々でいま起きていることが今回の宣言の主な動機になりました」と、WHOの事務局長であるテドロス・ゲブレイェススは記者会見で語っている。「公衆衛生システムが弱く、事態への準備体制が整っていない国々にウイルスが広がっていく可能性が、最も大きな懸念すべきことになっています」

新型コロナウイルスの関連記事新型ウイルスの世界への拡散で、事態は新たな段階に入りつつある新型コロナウイルスについて、改めて知っておくべき「4つのこと」新型ウイルスの危険性を、人工知能が世界に先駆けて「警告」していたウイルスが急拡大する「恐ろしいシナリオ」を、科学者たちは“予見”している感染源は、本当に「市場のヘビ」なのか? 新たな論文を巡り波紋「武漢での封じ込め」では、もうウイルスの感染拡大は止められない

最新情報は公式TwitterをフォローFollow @wired_jp