中村北斗が現役引退

写真拡大

 V・ファーレン長崎は31日、2019シーズン限りで契約満了となっていたMF中村北斗(34)が現役を引退し、アビスパ福岡U-18のコーチに就任することを発表した。

 2004年に国見高から福岡に加入した中村は、FC東京や大宮を経て、2015年に福岡に復帰。同年にはJ1昇格プレーオフで同点ゴールを挙げ、5年ぶりのJ1復帰に大きく貢献した。2018年には長崎に加わり、昨季はJ2リーグ2試合、ルヴァン杯4試合、天皇杯1試合に出場していた。

 中村はクラブ公式サイトを通じて「この度、現役引退をすることを決めました!そして、今後はアビスパ福岡U-18コーチに就任することが決まりました」とファンに報告し、感謝の言葉を述べた。

「16年間、お世話になったチームのファンの皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうございました。サッカー選手として幸せな時間を過ごすことができました。福岡でプロ生活をスタートし、東京、大宮でプレーができ、最後は地元の長崎でプレーできたことを本当にうれしく思います!応援してくれた皆さんに心より感謝いたします。これからは、新しいサッカーを発見できるかもしれません!教える立場として、これからもサッカーを楽しみたいと思います。最後になりますが、本当に、本当にありがとうございました!」