オプティムは30日、画像解析ソリューション「OPTiM AI Camera」の新サービスとして、モバイル端末で顧客の分析を行う「OPTiM AI Camera Mobile」を同日より提供開始した。価格は税別で月額1950円。

モバイル端末で始められるAI画像解析サービス「OPTiM AI Camera Mobile」

OPTiM AI Camera Mobileは、スマートフォンやタブレットに専用アプリをインストールし、端末と掲示文を店内に設置するだけで、設置場所の映像を解析できるサービス。

端末のカメラで撮影して解析するため、監視カメラや解析用端末などの外部機器が不要なうえ、映像の撮影から分析までをモバイル端末1つで手軽に行えるのが特徴だという。

たとえば、飲食店や小売店の出入口にタブレットを設置して来店人数をカウントしたり、商品棚や特設売り場に設置したタブレットから購入検討者を把握、キャンペーン連携時の効果を測定したり、あるいはレジの前にタブレットを設置してレジ混雑状況を把握するといった使い方ができる。

希望の用途に合わせて必要な機能のみを購入できるため、スモールスタートから始めて徐々に拡大するなど、規模や予算に合わせて導入できる。

「OPTiM AI Camera Mobile」解析結果画面イメージ

推奨動作環境は、Android 7.0以上のタブレット端末(スマートフォンは近日対応予定)、ディスプレイ解像度は1280×800(WXGA)。

なお、今後は英語対応により海外展開を実施するほか(年度内を予定)、Google Play Storeを経由せず直接ライセンスを購入でき、多台数の管理に最適化されたインタフェースで利用できる「Enterprise版」の販売を、2020年4月頃に予定している。