パナソニック インダストリアルソリューションズ社は30日、IoT機器および産業機器の重要データを保護する多機能セキュアICを開発し、2月よりサンプル出荷を開始することを発表した。

IC内部で固有の認証鍵を都度生成・消去し、データのセキュリティ耐性を向上

同製品では、独自のセキュリティ機能としてICごとに異なるアナログ情報を保有し、ICの指紋から固有の認証鍵を生成、メモリ内のデータを暗号化するため、メモリ内のデータの抜き取りや改ざんへの耐性が向上。また、機器の認証時にもICの指紋から認証鍵を生成し、認証が終了した段階で認証鍵を消去するため、セキュリティ耐性が向上するという。

無線通信するためのNFCを搭載。インターネットに接続していない機器であってもモバイル端末経由でインターネットに接続できるため、サーバを利用した機器の相互認証が可能で、なりすましの防止などが可能になるという。加えて、放射線耐性が高い不揮発性メモリのReRAMを搭載するため、放射線滅菌処理が必要な医療機器や医薬品の管理などへ適用できるとしている。

同製品を利用したIoT機器のライフサイクル全体にわたる安全性確保例

同製品は、トラストサービス事業者などのセキュアIoTプラットフォームと連携する機能を搭載し、トラストアンカー(電子証明書に利用する情報)を保有した同製品をIoT機器に組み込み、証明書による認証を実行することでライフサイクル全体にわたって安全性の確保が可能。これにより、IEC62443で定める制御システムに関するセキュリティ基準への適応が容易になるということだ。