昨年9月(2019年)に楽曲が配信された「3代目J SOUL BROTHERS」の「Rat-tat-tat(ラタタ)」のミュージックビデオが29日(2020年1月)に公開された。山下健二郎、岩田剛典、登坂広臣、NAOTOらのメンバーが、教師や魚市場職員などに扮して踊っている。

このコミカルなダンスは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとコラボして全国放送されたCMで注目され、人気動画投稿アプリ「TikTok」では、「安田大サーカス」のクロちゃん、帝塚山大学の学園祭、生駒市消防職員ボランティアダンスチームなどが真似て踊る投稿が公開され、それらの総再生回数は2憶回以上とブームになっている。

「フォーチュンクッキー」「恋ダンス」超えそう

これまでにも、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディング、星野源の「恋」、Foorinが歌った「パプリカ」のダンスなどが流行った。

コメンテーターの原田曜平(マーケティングアナリスト)「ラタタダンスは、真似しやすいことと、上手く踊れすぎても嫌味にならない点で、過去一番になる可能性がありますよ」