Thunderbirdの開発者は1月28日(米国時間)、「Thunderbird's New Home|The Thunderbird Blog」において、ThuderbirdプロジェクトがMozilla Foundationの完全子会社であるMZLA Technologiesの運営下で開発を続けていると発表した。

MZLA Technologiesの運営下になることで次のような利点があると説明している。

Thunderbirdプロジェクトの柔軟性と俊敏性が向上する

Mozilla Foundation参加の時は不可能だった製品の提供とサポートサービスの提供の検討が可能になる。これは、パートナーシップと非慈善寄付による収益確保に可能性が開けることを意味しており、新しい製品とサポート費用を賄うことにつながると考えられる

オープンスタンダード、ユーザープライバシ、コミュニケーションに焦点を当てた開発は継続して取り組んでいく

Thunderbird's New Home|The Thunderbird Blog

ThunderbirdプロジェクトはMozill Foundation内でユーザーの支援を得て開発を継続していたが、MZLA Technologiesの傘下に移ることで、これまでよりも主体的に活動を続けることができると主張している。

一時期、Thunderbirdプロジェクトは開発が停滞し、支援体制も不明瞭になった時期があった。それまでThunderbirdはMozillaによって開発が支援されてきたが、MozillaはThunderbirdの支援を終了した。その後、ユーザーからの寄付などに支えられる形で、ThunderbirdプロジェクトはMozilla Foundation内部で組織的な成長を続けてきたが、今回の取り組みでより自主的に開発を進められるようになると見られる。

Thunderbirdの開発者は今後のプランについて、向こう数カ月の間に発表すると説明している。