昨季のJ1参入プレーオフ決定戦

写真拡大

 Jリーグは30日、今季のJ1参入プレーオフ決定戦の開催日程と試合方式を発表した。試合方式については、昨季からの変更はない。

 昨年12月16日に2020年シーズンの各大会方式や日程が発表された際、J1参入プレーオフ決定戦の日程や試合方式に関しては調整中とされていたが、決定戦の開催は12月12日(土)に決定した。試合会場はJ1クラブのホームスタジアム。試合方式は、90分間で勝敗が決しない場合、J1リーグ年間順位16位のクラブを勝者とする従来のレギュレーションとなっている。

 なお、J1参入プレーオフへの参加条件は、J1リーグ年間順位16位のクラブとJ2リーグ年間順位3位〜6位の計5クラブ。J2年間3位〜6位の4クラブのうち、J1ライセンスが付与されていないクラブがある場合、年間7位以下の繰り上げ出場はない。また、4クラブ全てにJ1ライセンスが付与されていない場合はプレーオフを開催せず、J1年間16位のクラブがJ1残留となる。

 大会は各1試合のトーナメント方式で、決定戦と同じく1回戦、2回戦もJ2リーグ上位クラブのホームで行う。また、試合方式も90分間で勝敗が決しない場合は、年間順位の優位性を確保するため、J2年間順位が上位のクラブを勝者とする。

以下、開催日程

■J1参入プレーオフ

1回戦:11月29日(日)

2回戦:12月6日(日)

決定戦:12月12日(土)