建築家・隈研吾の大規模個展が東京・高知・長崎で - 模型や写真、映像で迫る建築の魅力

写真拡大

企画展「隈研吾展(仮称)」が、2020年11⽉3⽇(⽕・祝)から2021年1⽉3⽇(⽇)まで高知県立美術館にて、2021年1⽉22⽇(⾦)から3⽉28⽇(⽇)まで⻑崎県美術館にて、そして2021年7月から10月まで東京国立近代美術館にて開催予定。なお東京展は、当初の2020年7月17日(金)から10月25日(日)までの会期から延期となった。

2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場《国立競技場》、新駅《高輪ゲートウェイ》、さらに京都の商業施設《新風館》の設計に参加するなど、現代日本を代表する建築家として活躍する隈研吾。

日本のみならず、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館の分館として、2018年にスコットランドに開館した《V&Aダンディー》を手掛けたように、世界中の人びとを魅了する建築を生みだし続けている。

大規模個展となる「隈研吾展(仮称)」では、隈の建築を模型や写真によって紹介。さらに、瀧本幹也ら国内外のアーティストによる、最新技術を用いたオリジナル映像も用意し、建築の特徴を実感できる展示となっている。そのほか、隈ならではの“東京の未来”を提案する1室も設ける。

【展覧会概要】
企画展「隈研吾展(仮称)」
・高知展
会期:2020年11⽉3⽇(⽕・祝)〜2021年1⽉3⽇(⽇)
会場:⾼知県⽴美術館
住所:高知県高知市高須353-2
TEL:088-866-8000
・長崎展
会期:2021年1⽉22⽇(⾦)〜3⽉28⽇(⽇)
会場:⻑崎県美術館
住所:長崎県長崎市出島町2番1号
TEL:095-833-2110
・東京展
会期:2021年7月〜10月(予定)
※当初は2020年7月17日(金)〜10月25日(日)の開催を予定していたが、延期
会場:東京国立近代美術館
住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
※観覧料などは決まり次第告知
※予定は変更となる場合あり


【写真付きで読む】建築家・隈研吾の大規模個展が東京・高知・長崎で - 模型や写真、映像で迫る建築の魅力

外部サイト