米カリフォルニア州の連邦裁判所は29日、カリフォルニア工科大学(CalTech)の所有する特許を侵害したとして、AppleとBroadcomに対し計11億ドル(約1,200億円)の支払いを命じました。

Appleは900億円超の負担

AppleとBroadcomが侵害したとされる特許は、Wi-Fi通信技術に関連する内容で、iPhoneやiPad、Mac、Apple Watchなど幅広いApple製品が使用しているため、莫大な損害賠償額となります。
 
2010年にライセンス契約を交わした場合を仮定し、同大学の弁護士が算出した損害賠償額は、Appleが8億3,800万ドル(約912億円)、Broadcomが2億7,000万ドル(約294億円)でした。特許侵害の対象となるApple製品1台につき、Appleが1.40ドル(約152円)、Broadcomが26セント(約28円)となります。

CalTechが訴えたのは2016年

今回の訴訟でAppleは、Broadcomから提供された一般的なWi-Fiチップを使用していただけで、カリフォルニア工科大学の特許に抵触するエンコード/デコード技術を開発してはいないとし、不正行為として責任を負う必要はないと反論していました。またApple、Broadcomともに、仮に特許を侵害していたとしても、巨額賠償には当たらないとも主張していました。
 
しかし、こうした主張は連邦地裁によって退けられた格好です。カリフォルニア工科大学が両社を訴えたのは2016年6月なので、ひとまず4年越しでの決着となりますが、ともに今回の判決を不服として上訴を表明しており、泥沼の裁判劇は今後も続きそうです。
 
なお、Appleには先日もカナダ企業WiLanへの賠償命令が下されたばかりですが、賠償額は約92億円でした。比較すると、いかに今回の賠償額である計1,200億円が桁違いかが分かるというものです。
 
 
Source:AppleInsider,Bloomberg
(kihachi)