実在する女児の裸をCGで描くのは児童ポルノ 被告の有罪確定へ

ざっくり言うと

  • 実在する女児の裸をCGで描いたとして児童ポルノ禁止法違反罪に問われた被告
  • 最高裁は被告側の上告棄却を決定し、罰金30万円とした高裁判決が確定する
  • 被告側は「創作活動だ」と主張してきたが、5裁判官全員一致の結論とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x