近畿日本鉄道、三菱総合研究所、オムロン ソーシアルソリューションズ、chaintope、近鉄グループホールディングスは1月29日、2月17日から23日にかけて、ブロックチェーン技術とQRコードを活用したデジタル乗車券による自動改札利用の実証実験を実施すると発表した。

同実験は、データの信頼性や耐改竄性といったブロックチェーン技術の特徴を生かし、セキュリティの強化のほか、利用者の利便性向上や駅業務の効率化など、同技術の利用可能性を検証するもの。

実証実験を行う近鉄難波線「近鉄日本橋」駅と近鉄大阪線「近鉄八尾」駅では、スマートフォンアプリに搭載したQRコード乗車券を実験用の自動改札機にかざし、入出場日時の記録、入出場の可否判断などを行う。

将来的には、「伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート“まわりゃんせ”」などの企画乗車券をデジタル化してオンラインで販売すること、デジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」「近鉄しまかぜコイン」等の決済機能と一体化などを目指す。

実証実験のイメージ