1−3の局面からアデミウソンのゴールで1点差に詰め寄ったG大阪。写真:松尾祐希

写真拡大

 Jリーグのトレーニングマッチは1月29日、沖縄や九州を中心とする各キャンプ地で開催され、昨年のJ1王者横浜F・マリノスとセレッソ大阪のJ1同士の対戦などが行なわれた。

 45分×2でC大阪と対戦した横浜は、1本目の24分に今季加入のオナイウ阿道がゴールを挙げると、2本目の24分には元C大阪の扇原貴宏が古巣を相手に得点を挙げる。その後1点を返されたものの、トータル2−1で横浜が勝利を収めた。

 沖縄でキャンプを張るチームでは、ガンバ大阪とサガン鳥栖が45分×3の形式で対戦。シーソーゲームとなった一戦は、G大阪が井手口陽介とアデミウソンの得点で2点を奪ったものの、原川力、小屋松知哉、アン・ヨンウにゴールを許し、2-3で敗戦を喫した。

 浦和レッズとジェフ千葉は、変則的な形で2試合を行った。45分×2では1−0で千葉。35分×2では、3−1で浦和が勝利を収めた。
 
 その他では、大分トリニータはヴァンフォーレ甲府と45分×3で対戦。1本目の15分に野村直輝、3本目の7分に小塚和季、43分に伊佐耕平が得点を挙げ、大分が3−0で勝利を収めた。

 また、ジュビロ磐田は鹿屋体育大と対戦。レンタル移籍から復帰の小川航基が得点を挙げるなど、トータル3−1で勝利。京都サンガは沖縄SVと対戦し、0−1で敗れている。

 29日に行なわれた主なトレーニングマッチの結果は以下の通り。

横浜2―1C大阪
浦和3―2千葉
京都0―1沖縄SV
G大阪2―3鳥栖
大宮3―0東京V
大分3―0甲府
磐田1―0鹿屋体育大学
京都3―0コリンチャンス・パウリスタU23

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【沖縄キャンプPHOTO】京都サンガFC|J1昇格を目指す京都も沖縄でキャンプをスタート!