渋谷の隠れ家「森の図書室」で読書しながらカフェ活を楽しむ♡【109writer’s STYLE/IORI#04】

写真拡大 (全14枚)

女性らしさの中にモード感も漂うアイテムがそろう、『SLY』のIORIちゃんをPICK UPする連載!

最終回となる今回は、渋谷の注目スポットをレポートしちゃいます!
読書が趣味だと言うIORIちゃんと訪れたのは、読書を楽しみながら食事やドリンクを満喫できるブックカフェ。
お仕事や学校終わりにも利用でき“オトナのための隠れ家”とも呼ばれる『森の図書室』は、カフェ活はもちろん作業やデートにも最適な場所でした!

記事の中では本好きのIORIちゃんが選ぶおすすめの3冊も紹介しますよ♡

夜でも開いている図書室?オトナのための隠れ家って、どういうこと?

渋谷の道玄坂のビルの3階にある「森の図書館」。お店の入り口にたどり着くと、厚い扉とインターホンが…。中の様子は謎に包まれているのでドキドキしちゃいますが、インターホンを押してみると「どうぞ」という優しい声で案内が。お店の方が鍵を開けてくれますよ。

ドアを開けると現れたのは、本棚!なんとこれも扉になっていて、この本棚の扉の先に店内が。秘密基地のような演出にテンションが高まります♡

広がるのは、本好きの夢が詰まった空間

中に入ると天井から足元まで壁一面に本がぎっしり!本をこよなく愛するオーナーのもと、クラウドファンディングを活用してオープンしたという「森の図書室」。
思い思いに本に親しめる場というこれまでにないコンセプトが共感を呼び、当時のクラウドファンディングのパトロン数日本記録を樹立したという逸話もあるのです。

会員制のお店ですが、非会員でも1回500円(要ワンドリンクオーダー)で利用することも可能。図書室らしく、メールで申請してデポジット(本の定額分)を預ければ実質無料で本を借りることも出来ちゃいます♡

本のジャンルは多岐に渡っており、有名な作品から初めてお目にかかるものまでそろっています。こちらの写真の棚には、会員さんから寄贈された本を並べています。たくさんの人に愛されている場所だということが伝わりますね♪

コレは嬉しい!飲食も、おしゃべりもOK!なんとお酒まで!?

フリードリンク+本に登場するトーストセット 1,500円(税込)

本来の図書室であれば厳禁の飲食やおしゃべりもここなら大歓迎!12時〜17時であれば、1,000円(税込)でソフトドリンクがお替わり自由で楽しめます。500円をプラスすればトーストかケーキをセットにもできちゃいますよ♡

森の図書室で提供されるメニューの多くは物語に登場するフードやドリンクを再現してるんです!IORIちゃんがチョイスしたチーズトーストは、江國香織さんの「きらきらひかる」に登場するメニューをモチーフにしています。

人気家電のバルミューダートースターで焼き上げたチーズトーストは人気メニューのひとつ!
「表面はサクサクで、中はもちもちの食感で本当においしい!ほんのりバターが香って食欲をそそります♡サイドディッシュのポテチはうれしい厚めサイズ!」

ソフトドリンクのほかお酒のメニューも豊富。24時まで営業しているので、仕事や学校終わりにお酒を飲みながら読書…なんて利用の仕方も最高ですね♡

そのほかにも本を楽しむ仕掛けがもりだくさん!

.魁璽好拭爾砲蓮◎が…!
ドリンクを頼むと付いてくるオシャレなデザインのコースターには、森の図書室オーナーのおすすめ作品とその紹介が書いてあるのです。コースターは持ち帰り可能だから今後の読書の参考にしてみて!IORIちゃんも興味津々にコースターに目を通していました♪

「知らない作品もたくさんある…。コースターで紹介されていた『消しゴムをくれた女の子を好きになった』という作品、読んでみたいです!」

∨榁はジャンルレス!
本屋さんや一般的な図書室であれば本のカテゴリーや作者別に並んでいますよね。
でも、森の図書室ではあえてバラバラに小説やビジネス書、絵本や写真集などがランダムに並べられています。その理由は、偶然の発見による新たな本との出会いを大切にしているから!

“ねこ”に関するさまざまなジャンルの本を集めた遊びゴコロが感じられるゾーンも…♡

ワンピース 8,990円、インナートップス 3,990円、イヤリング 3,990円、バッグ 6,990円、ブーツ 11,990円(全て税込)/全てSLY

M達の家にきたつもりでくつろいで♡
『本が読めて、借りられる。お酒が飲める。音楽が楽しめる。むかし遊びにいった、友だちの家のように気軽な空間。』
これが森の図書室のコンセプト。テーブル席のほか、こんなマットレスの席もあるので脚を伸ばしてリラックスをしながら読書…ということも可能。
「109でお買物した後の休憩に利用してもよさそうですね!」

店内はWi-Fi、各席にコンセントがあるのでワーキングスペースとして利用する人もいるのだとか。もちろん友達や彼氏とお酒を飲んだりおしゃべりしながらも楽しめますよ♡

本好きのIORIちゃんによる!おすすめ作品3選

舟を編む/三浦しをん(光文社刊)
「真面目な主人公が個性的なメンバーたちと新しい辞書づくりに取り組む小説。学校や仕事などの同じ繰り返しの毎日に飽き飽きしている人や、何かを一生懸命追いかけて夢中になっている人にも読んで欲しい!」

白いしるし/西可奈子(新潮文庫刊)
「西可奈子先生の作品はどれもお気に入り。中でもこちらは、恋愛の楽しい部分だけでなく、苦い部分にスポットを当てたリアルで現代的な恋愛小説でおすすめです!」

コンビニ人間/村田沙耶香(文藝春秋刊)
「コンビニで働く主人公が自分自身を受け入れることの葛藤する様子やその悩みが散りばめられている作品。気構えそうな内容ですが、引き込まれるようなテンポのいい文章が面白くてあっという間に読み切れるはず!」

IORIちゃんが紹介してくれた小説は、もちろん森の図書室でも読むことができますよ♪
好みの本を通して相手の考え方や興味のあることが感じ取ることもできるので、実はデートにも最適な森の図書室。
静かに本に没頭するも良し、感想を語り合うも良し!本が大好きな人はもちろん、本を読んでみたいけれど、どれを読んでいいかわからない…という人もきっと満足できる空間です♪

年会費11,000円(税込)で会員になることも可能。会員は席料無料で利用ができたり、インターホンを押さないでお店の扉を解錠できるカードキーもゲットできます。
気に入った際にはぜひ登録してみては?

今回でIORIちゃんの記事は最終回…。
IORIちゃんのオシャレなファッションやライフスタイルは109ニュースの記事やSNSなどで引き続きチェックしてくださいね♡

〈Photo:Teruo Horikoshi(TRON)、Text&Edit:Saori Hidaka(vivace)〉

関連記事

IORI♯02:スキンケアの記事を見る♡

IORIちゃんの記事を見る♡
森の図書室のHPを見る♡
INFORMATION
森の図書室
住所:〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-3 萩原ビル3F
TEL:03-6455-0629
営業時間:
平日  12:00 - 17:00 / 18:00 - 24:00
土日祝 12:00 - 24:00