United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は1月28日(米国時間)、「Apple Releases Multiple Security Updates |CISA」において、Appleの複数のプロダクトに脆弱性が存在すると伝えた。これらセキュリティ脆弱性を悪用されると、影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性がある。

脆弱性に関する情報は次のページにまとまっている。

About the security content of tvOS 13.3.1 - Apple Support

About the security content of Safari 13.0.5 - Apple Support

About the security content of iOS 13.3.1 and iPadOS 13.3.1 - Apple Support

About the security content of macOS Catalina 10.15.3, Security Update 2020-001 Mojave, Security Update 2020-001 High Sierra - Apple Support

iOSアップデートサンプル

macOSアップデートサンプル

Appleからそれぞれの製品のアップデート提供は既に始まっており、手順に従ってアップデートを実施することが望まれる。