2人は味スタで思う存分プレーした

写真拡大

 フィリピンリーグの王者であるセレス・ネグロスは28日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフでFC東京に0-2で敗れた。

 試合前から日本出身選手2人がいることで注目を集めた。東京都府中市出身のMF小田原貴は組み合わせが決まると、連日のように地元クラブである「生粋のファン」というFC東京への想いを、幼少期の秘蔵写真とともにツイッター(@dawara11)に投稿していた。

 もう一人のMF嶺岸光も同様に試合前からツイッター(@hikaruzinyo11)を更新。聖和学園高、仙台大と出身地の宮城県でサッカーを続けた同選手は、15年より母親の母国であるフィリピンでプレー。16年からはフィリピン代表としてもプレーしている。

 大雨の中、2人は90分をフルでピッチに立ち続けた。小田原は試合中に数針縫う裂傷を負ったことを告白したが、試合後にFC東京のファンにあいさつが出来たことを「東京サポは僕の中で日本1(原文ママ)」と感慨深げにつぶやく。

 また嶺岸も「自分のサッカー人生でも1、2を争うくらい特別な試合でした。日本人の父とフィリピン人の母を持つ自分が親両方の国でプロサッカー選手として自分の姿を見せれた事誇りに思いたい」と投稿した。