浦和、オーストラリア代表DFトーマス・デンを獲得!「急な移籍でしたが…」

写真拡大

 浦和レッズは28日、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーからオーストラリア代表のDFトーマス・デンが完全移籍にて加入することを発表した。

 トーマス・デンはケニア出身の現在22歳。身長182cmのDFで、今月行われたU-23アジア選手権ではU-23オーストラリア代表の一員として4試合に出場し、東京五輪の出場権獲得に貢献した。Aリーグでは通算71試合出場を記録。デンは、公式HPで以下のようにコメントしている。

「浦和レッズファン・サポーターのみなさま、こんにちは。浦和レッズの一員になれてとても興奮しています。急な移籍でしたが、この場にいられて幸せです」

「選手やスタッフとのトレーニングも、そしてJリーグで最高のサポーターであるみなさんの前でプレーするのも待ち遠しいです。日本で最高のクラブに入れて光栄です。またすぐにお会いしましょう」

トーマス デン選手から、ファン・サポーターのみなさまにメッセージです!#urawareds #浦和レッズ #トーマスデン pic.twitter.com/b0BufFMaHh— 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) January 28, 2020