名古屋中部国際空港で27日、一部の中国人乗客は武漢出身の乗客との同乗を拒否したため、中国南方航空上海行きのCZ380便が5時間遅延した。

中国SNS微博の投稿によると、同日9時頃、搭乗を待つ上海からの乗客は近くの乗客が武漢の方言を操り、なかに風邪薬を飲んでいる人がいると目撃した。すぐに空港スタッフに「発熱する武漢からの乗客がおり、搭乗させてはいけない」と要求した。上海出身の乗客70数人は相手を搭乗させた場合、「絶対、同便を乗らない」と搭乗を拒否した。

南方航空のスタッフは武漢出身の乗客の体温を測り、「問題ない」と伝えたが、「体温計を信用できない」と一蹴された。

仕方がなく、スタッフは名古屋の中国総領事館に連絡し、領事館員の説得で武漢の乗客が同便で帰国し、上海の乗客は他の便に振り替えることに同意した。同便は予定時刻の9時25分から5時間遅れて出発した。

上海出身の乗客はその後、南方航空に専用機を用意するようとさらに要求した。南方航空は再び、中国総領事館に仲裁を求め、他便への無料振替で騒動が収まった。

上海の虹橋空港は到着した同便の、ターミナルへの接続を拒否し、乗客全員を隔離した。

(翻訳編集・李沐恩)