中国全域に出された黄色警報(右、外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は28日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がっていることを受け、香港とマカオを含む中国全域に旅行の自粛を求めるレベル2の「黄色警報」を発令した。肺炎の発生地である武漢市を含む湖北省については25日に出した撤収を勧告するレベル3の「赤色警報」を維持した。

 同部は中国地域に滞在している国民に対し、身の安全に注意するよう呼びかけるとともに、同地への旅行は慎重に検討するよう促した。

 韓国政府は藍色(旅行留意)、黄色(旅行自粛)、赤色(撤収勧告)、黒色(旅行禁止)の4段階の旅行警報を設けている。