中国・武漢の地下鉄駅の入り口で、乗客の体温を測る当局者(2020年1月28日撮影)。(c)NOEL CELIS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】中国で発生した新型コロナウイルス「2019-nCoV」の研究者らは、初期データを基に、感染者数が最少でも数万人に達し、流行が少なくとも数か月は続くとみている。

 米ノースイースタン大学(Northeastern University)のアレサンドロ・ベスピニャーニ(Alessandro Vespignani)教授は、「翌週または翌月に終わるようなものではない」と指摘している。

 疫学者らに先のことは分からない。昨年12月に出現した新型ウイルスについても、断片的な情報しかない。

 研究者らは最近まで、症状が出ていない感染者からは感染しないとみていた。しかし26日になって中国当局が、症状のない患者からの感染が確認されたと発表。

 米保健当局は翌27日、無症状の患者が他者への感染を招き得るとの科学的根拠は得られていないとの見解を示したが、もしその感染が実際に起こり得るなら、流行の動きも大きく変わってくる。

 潜伏期間は約2週間という最初の予想が出されたのも、最近のことだ。

 国際感染症学会(ISID)で新型ウイルスに関する分析を発表した、カナダ・トロント大学(University of Toronto)のデービッド・フィスマン(David Fisman)教授は、「知れば知るほど、重症急性呼吸器症候群(SARS)に似ているように思われる」と明かしている。

「SARSは制御可能だった。恐らくはこれ(新型ウイルス)も制御可能だろう。だが今後数週間は分からない」「何週間、もしかしたら数か月かもしれない。どこまで行くか誰にも分からない」と、フィスマン教授は話している。

 中国における公式な感染者数は4000人以上で、死者数は100人以上とされているが、ベスピニャーニ教授は、ノースイースタン大などの研究班の分析を基に、感染者数は現在確認されていない人も含めると、2万5000人以上ではないかという見方を示している。

 また香港大学(HKU)の研究者らは、感染者数は既に4万人を超えているとみている。

 ベスピニャーニ教授は、ウイルス感染拡大の中心地とされる武漢(Wuhan)内だけでも、感染者数は簡単に「2〜3倍に増える」と指摘。「より多くの場所に影響が広がり始めたら、この数字もずっと大きくなるだろう」と述べている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ドイツの新型ウイルス感染者、国内で「人から人へ感染」 欧州初か
中国・武漢に1000床の新病院、10日間で建設 新型肺炎治療に特化
生きたオオカミの子やネズミ… 新型ウイルス感染中心地の中国市場の商品?