ACLプレーオフでセレス・ネグロスに勝利したFC東京が本戦出場決定!

写真拡大

 AFCチャンピオンズリーグ プレーオフが28日、東京スタジアムで行われ、FC東京がフィリピンのセレス・ネグロスに2−0で勝利した。

 朝から降り続いた雨の影響でピッチのところどころに水溜まりができ、パスを出してもボールが走らずに止まる。そんな悪コンディションの中、開始3分にFKから先にチャンスをつかんだのはFC東京だった。

 東慶悟が蹴ったボールに原大智がダイビングヘッドで合わせる。28分には抜け出したレアンドロが好機を迎えるも、ボールコントロールがうまくいかずシュートを打てなかった。さらに40分にもレアンドロがGKと1対1を迎えたが、GKの好セーブに遭い、ゴールを割ることができなかった。

 スコアレスで折り返した後半立ち上がり、アダイウトンからパスを受けた室屋成が右足でシュートを放つと、相手GKの手を弾いてゴールイン。FC東京が先制点を奪った。

 風を伴った雨はさらに強さを増していく。それでも徐々にペースをつかんでいったFC東京は、64分にパスをつないでゴールを割るも、これはオフサイドの判定。その後、79分に原がレッドカードで退場処分に。一人少なくなったFC東京は、安部柊斗を左サイドに動かし、トップ下に途中出場のアルトゥール シルバを置く。すると89分、カウンターからアダイウトンが止まったボールをそのまま右足でループシュート。これが決まり、2−0でFC東京が勝利した。

【スコア】
FC東京 2−0 セレス・ネグロス

【得点者】
1−0 48分 室谷成(FC東京)
2−0 89分 アダイウトン(FC東京)

【スターティングメンバー】
FC東京(4−3−2−1)
林彰洋;室屋成、森重真人、ジョアン オマリ、小川諒也;眷詬亮]此東慶悟(77分 アルトゥール シルバ)、安部柊斗;原大智、レアンドロ(90+2分 中村帆高);アダイウトン(90+4分 矢島輝一)

セレス・ネグロス(3−4−3)
ローランド ミュラー;ジョシュア グロムメン、マヌエル エレラ、デニス ビラヌエバ;アンジェロ マラシガン(86分 ジェームズ 1ヤングハズバンド)、ディラン デブリッカー(74分 マーク ハートマン)、小田原貴、嶺岸光;ホセ エルマー ポルテリア、ロベルト ロペズメンディー、ビエンベニート マラニョン