新加入のファン・アラーノがドリブルで仕掛けるがメルボルン・Vの堅い守りに阻まれた。写真:田中研治

写真拡大

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフは1月28日、アジア各地で8試合を開催。県立カシマサッカースタジアムでは、鹿島アントラーズ対メルボルン・ビクトリーの一戦が行なわれ、鹿島は0-1で敗れACL本戦出場はならなかった。

 試合は序盤、一進一退の攻防を見せるものの、次第に鹿島がボールを支配し、チャンスをつくり出していく。レオ・シルバ、和泉竜司らに決定機が訪れるが、シュートはいずれも枠を捉え切れない。

 すると迎えた後半、メルボルン・ビクトリーはワンチャンスをモノにする。54分、元浦和レッズのアンドリュー・ナバウトがペナルティエリアやや外から左足を振り抜くと、これがDF奈良竜樹に当たって、ゴールに吸い込まれてしまう。アウェーのメルボルン・ビクトリーが先制した。

 鹿島はその後も新加入のMFファン・アラーノ、FWエヴェラウドなどを軸に相手ゴールに迫るものの、ネットを揺らすことができない。

 結局、試合は1-0のままタイムアップ。メルボルン・ビクトリーが勝利を収め、鹿島はACL本戦出場は叶わなかった。2年ぶりのアジア制覇への道が早くも断たれてしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部