KDDIは1月28日、スマートフォン決済「au PAY」で決済金額の20%をポイント還元し、期間中に最大7万円分のポイントを還元するキャンペーン「誰でも!毎週10億円もらえるキャンペーン」を2月10日から開始することを発表しました。

au PAYは、QRコードで支払い可能なスマホ決済サービスで、au以外のキャリアユーザーでも利用が可能。2020年2月10日から2020年3月29日のキャンペーン期間中、還元率を最大20%として決済額200円(税込み)毎に40ポイントを還元します。すべてのau PAYユーザーが対象で、au PAY加盟店であればどの店舗の決済でも対象に。

毎週先着10億円分を還元し、1ユーザーにつき期間中に最大7万円分のポイントが獲得可能。期間中のポイント還元上限は2月10日から3月1日のステージ1で3万ポイント、3月2日から3月22日のステージ2で3万ポイント、3月23日から3月29日のステージ3で1万ポイント。

今後、ローソンで別途キャンペーンの実施を予定しているほか、期間中にauじぶん銀行のオートチャージを設定して買い物をしたユーザーから毎週50名に10万ポイントが当たるキャンペーンも並行して開催されます。

同社は今後、auの決済・コマースサービスをすべてau PAYブランドに統一することを発表。2月4日には、決済やポイント管理に利用するアプリ「au WALLET」を「au PAY」に改称し、KDDIグループのさまざまな金融サービスをau PAYアプリを起点に利用可能にする“スーパーアプリ”構想を発表しました。

具体的に今後 au PAYアプリから利用できる金融サービスとして、公共料金などの請求書をスキャンしてau PAYアプリから支払いができる“請求書支払い機能”、「au WALLET クレジットカード」から改称する「au PAY カード」からオートチャージできる機能、「au でんき」の電気料金で利用額を設定し、設定額より電気料金が低かった場合は差額を資産運用に活用する「おつり投資 for au でんき」の提供が発表されています。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』