新型肺炎の指定感染症に 患者の強制入院や就業制限などが可能に

ざっくり言うと

  • 政府は28日、新型肺炎を「指定感染症」などに指定する政令を閣議決定した
  • 施行後は患者の強制入院や就業制限、入国者への検査指示などができるように
  • 同様の指定は2014年の中東呼吸器症候群(MERS)以来で、5例目となる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x