老舗百貨店の大沼が破産申請「恐ろしくて借入できなかった」社長が涙

ざっくり言うと

  • 27日、老舗百貨店「大沼」が自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた
  • 社長は会見で「資金繰りができず」「恐ろしくて借入ができなかった」と涙
  • 2019年の消費税増税などにより売り上げが急減し、経営再建を目指していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x