「この彼だったら範囲内かも」そんな曖昧な感じでスタートする恋愛もありますよね。特に婚活中なら条件重視で付き合うという場合もあるでしょう。とはいえ、後でダメになってしまわないよう早めのチェックが大切です。

ダメになる相手に感じる違和感

LINEのタイミングが悪い

大切なときに全く連絡が取れない、もしくは一方的にメッセージを送ってくるなど、コミュニケーションのペースが大きく異なる場合は二人の歩調が合っていません。もちろん最初から全てピッタリとはいきませんが、つねにモヤモヤするようなら「性格の不一致」の兆候かも。

ペースが早いと感じる

食事やデートをしていて彼がせっかちだと感じたときには「もっとゆっくり過ごしたいのに」とテンションが下がりますよね。ちょっとしたペースのズレは、その先も大きくなる可能性が高いです。最初は頑張って合わせていても、後から息苦しくなるかも。居心地が悪い場合は彼の性格を見極めて。

相談がうまくできない

彼が全部勝手に決めてしまう、もしくは彼の意見が全く伝わってこないなど、相談がうまくいかないのなら後でトラブルになってしまうかも。決定権がどちらかに偏り過ぎていると、お互いが無理をしてしまうことになるのです。大ゲンカの原因にもなりかねません。

会うと疲れる

彼に会うと「楽しさ」より「疲労」のほうが勝るなら相性が悪いのかも。本来、好きな人に会うのは楽しいもの。会うたび疲れてしまうのは、相手に合わせ過ぎてストレスになっているからです。短いデートは我慢できても、長時間一緒にいるようになるとストレスが爆発してしまうかもしれません。

食事マナーが気になる

食事マナーは気になるものですよね。彼の食事マナーに少しでも違和感を抱くのなら、それが徐々にストレスとなるかも。おいしそうに食べない、好き嫌いがある、食べながらスマホを使う……。これらはマナーに大きく反しているわけではありませんが、毎日一緒に過ごす場合には問題となります。

お金の使い方が理解できない

彼のお金の使い方を全く理解できない場合、価値観の違いが大きいのかも。お金をかけたいところが真逆だと、だんだんと心が離れてしまう可能性が高いでしょう。

話を聞いてくれない

彼が自分の話ばかりする、悩み事を聞いてくれないなど、話が噛み合わない場合は一緒にいても楽しくないですよね。見た目や収入がどんなに理想的でも、あなたの話に聞く耳を持たないなら大問題かもしれません。長く続くカップルは、ケンカしたときもちゃんと話し合えています。