日立製作所は1月27日、日立コンサルティングと連携し、AIを説明するための技術である「XAI」を活用して業務システムへのAIの導入や継続的な運用・改善を支援する「AI導入・運用支援サービス」を、同日より提供開始することを発表した。

「AI導入・運用支援サービス」の概要

同サービスは、業務システムへのAI適用の検討段階や導入後の継続的な運用・改善の支援をXAIの活用により強化し、業務でのAI適用を前提とした企画検討からPoC実施、導入、運用・改善までを一貫して支援するもの。

具体的な支援内容は、AIの学習内容・判断根拠の説明、運用時のAIの挙動監視と継続的改善、定着化のための体制・仕組みの整備--の3点だ。

日立が顧客の業務システムにAIを適用する際に、XAIを活用してAIの予測/判断結果の根拠を定量的に分かりやすく提示することで、現場担当者の見解との乖離を把握するとともに、現場に受け入れられるAIモデルへと改善を行うという。

また、運用段階においては、AIの挙動監視を行うとともにXAIを活用することで、継続的な改善を可能にし、重要な判断を伴う業務でのAI適用を推進するということだ。