プロ3年目の橋岡(左)は自身の経験も踏まえ、武田(右)へと金言を送る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 沖縄でキャンプ中の浦和レッズは、新シーズンの開幕に向けて着々と準備を進めている。

 今季の新戦力は3人。18年にJ3で、19年にJ2で得点王に輝いたレオナルド、水戸と大分へのレンタルを経て逞しくなって帰ってきた伊藤涼太郎、青森山田高で10番を背負った世代屈指のゲームメーカー武田英寿だ。

 それぞれの印象を、浦和の生え抜きDF橋岡大樹に訊いてみた。

「レオは抜け出すのが上手いし、落ちてくるタイミングもいい。まだ練習でもそこまで一緒にプレーはしていないけど、試合で一緒にはやってみたいなと感じさせてくれます」

「涼太郎君とは、前も一緒にやっていましたけど、本当に上手い選手だなと。足もとのテクニックがあってキープ力があるので、ボランチかFWでうまく散らしてくれるんじゃないかなと思います」
 
 そして橋岡が気にかけているのが、ルーキーの武田。

「左足の精度が高いのはみんなが分かっていると思うし、高校の選手権を観ていて決定力もあると感じています。まだ少ししか一緒にやっていないし、彼がボランチかサイドハーフのどちらで出るのかはっきりとは分からないけど、ボランチでも前を向いて周りを見られる選手。雰囲気もありますね」

 そう“後輩”を評す橋岡は武田へと金言を送っている。それが、堂々とプレーすべきというものだ。

「僕が1年目の時は、先輩ばかりの中で縮こまってやってしまうところもあったんです。武田君もそう感じているところもあるかなと。でも、そこで殻を破れればもっと良いプレーができる。そこがキーになってくると思います」

 プロ3年目になる橋岡はルーキーイヤーからリーグ25試合・1得点と定位置を掴んだ。しかし試合に出続けるようになったのは4月以降で、やはり開幕当初はベンチに入れず苦しんだ。そんな自身の経験を踏まえ、試合出場のキーポイントを語る。

 ルーキー武田は橋岡のようにプロ1年目からインパクトを残せるか。期待したいところだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)