「誠実で優しい男性」が理想であるのは誰もが同じです。ですが、そう簡単にはいかないもの。それよりも理想とは真逆の「すぐ不機嫌になる彼氏に困っている」という女性は多いようです。なぜ、男性は突然気分が変わるのでしょう。
ここでは「いきなり不機嫌になる彼氏の本音」を調査してみました。

いきなり不機嫌になる彼の本音

1. ヤキモチをやいている

彼女のことが好きな男性ほど嫉妬心も大きくなります。ほんの小さな事にいきなりライバル心を燃やしてしまうことがあるので、それが不機嫌となって表れるようです。例えば「アイドルをかっこいいと言っていた」とか「元カレの話が出てきた」など些細なことに腹を立ててしまう彼もいます。とはいえ、彼女を独占したいという気持ちの表れでもありますから、彼が不機嫌になっている時は「あなたが一番」とさりげなく伝えることがポイント。

2. 静かにしてほしいだけ

仕事でうまくいかないなどストレスがある時、彼は単純な疲れによって不機嫌になることがあるようです。女性であれば、おしゃべりでストレスも発散できるものですが、男性の場合は、静かにじっとしていたいと思うようです。励ましてあげようと状況を聞き出したりすると余計に面倒だと思われてしまうかも。彼が悩んでいる時は、そばにいてあげるだけで静かに見守ることがベストです。

3. プライドが傷ついた

ほとんどの男性はプライドが高いと言えます。いつも心のどこかで「彼女の前ではかっこいい男性でありたい」と思うもの。だからこそ、彼女のちょっとした一言にイライラしてしまうことも。例えば、他の男性と比較される、服装を指摘されるなど、自分を認めてもらえない時はガッカリしてしまうかも。常に好きな彼女に認められたいと望んでいるようですから、誤解されないような言葉を心がけて。

4. 思い通りにいかない時

計画できる男性は頼りがいがありますよね。でも、自分のプランがうまく進まないと不機嫌になる男性もいます。例えば、渋滞にはまって予定通りに到着しない、予約したレストランが想像していた雰囲気と違う。想定外の出来事が起きた時、大らかな男性はその場の気分で楽しめるのですが、几帳面な男性ほどイライラしてしまうかも。こんな時は、彼の気分に巻き込まれないようにしましょう。

5. お腹が空いたなど生理的なもの

暑い、寒い、お腹が空いた、眠たいなど。本当にシンプルな欲求によってイライラする男性もいます。まるで子供のようですね! 男性は生理的ストレスを強く感じてしまうことも多いようです。そのまま黙り込んで険悪なムードになってしまうことも。不快感に弱い男性とわかったら、できるだけ無難なデートスポットを選ぶのも一案です。季節や天候を考えて出かけましょう。