増配や減配を発表した銘柄は、最新の「配当利回り」や「開示」内容を一覧で表示!

写真拡大

今週(1月20日〜1月24日)に「適時開示」で、
「増配」や「減配」「初配」などを発表して
「配当利回り」が変わった銘柄をまとめて紹介!

「配当利回り」は、投資する際に非常に重要な情報だ。「増配」や「記念配」を発表して配当利回りが高くなれば株価が急騰、「減配」や「無配」への転落を発表して利回りが低くなれば株価が急落することもある。

 また、連続で「増配」する銘柄は業績が堅調だったり、成長していたりする「優良企業」である可能性が高く、「増配株」に狙いを絞って投資をすることで“億トレーダー”となった個人投資家もいる。つまり、短期的に株価に影響するだけでなく、長期的に見ても「増配」や「減配」は非常に重要な投資情報と言えるのだ。
【※関連記事はこちら!】
⇒「連続増配の株を買う」だけで資産1億円超を達成! サラリーマン投資家・立川一さんが編み出したシンプル&ユニークな「増配銘柄投資法」を解説!

 しかし、毎日発表される「適時開示」を読み込んで、「増配」銘柄や「減配」銘柄を探すのは難しい……。

 そこで、ザイ・オンラインでは「適時開示」で「増配」や「減配」のほか、「記念配」「復配」「初配」「無配」などを発表して、「配当利回り」が変わった銘柄を1週間分、まとめて紹介! 発表された「変更内容」と変更後の「最新の配当利回り」を掲載するので、ぜひ投資に役立ててほしい!
【※関連記事はこちら!】
⇒夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介!株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能なネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

 なお、本記事に掲載するルールは以下のとおり。

(1)配当利回りが変わらない場合は非掲載
 原則として、配当利回りが変動する情報をピックアップ。株式分割や株式併合などによる1株あたり配当金の変更で、利回りが変わらない場合などは除外する。
(2)「増配」とは、年間配当金が「前回予想」から増額されるもの
「増配」とは、「前回予想」と比較して年間配当金が増額になるものや、「前期」と比較して年間配当金の予想が増額になるものを指す。「前回予想」に対して「増配」でも、「前期」と比較したら「減配」となる場合などは、備考欄に記載。
(3)「減配」とは、年間配当が「前回予想」から減額されるもの
「減配」とは、「前回予想」と比較して年間配当金が減額になるものや、「前期」と比較して年間配当金の予想が減額になるものを指す。「前回予想」に対して「減配」でも、「前期」と比較したら「増配」となる場合などは、備考欄に記載。
(4)「配当予想」が非公表だった場合、「前年同期比」と比較して「増配・減配」を表示
 配当予想が非公表だった銘柄が、期中に配当予想を公開した場合、前年同期比で「増配」なのか、「減配」なのかを表示。なお、中間配当のみが公表され、年間配当金の方針が不明の場合、配当利回りは記載しないものとする。
(5)「配当利回り」は今期の予想値。予想が出ていない場合は実績値。
 配当利回りは、「今期予想」が出ていれば「予想値」を、「今期予想」が出ていない場合は「実績値」を計算して表示。

 なお、「適時開示」は毎日、大量に発表されるので、対象銘柄の掲載漏れや利回りの計算間違いなどがある可能性もあるので、実際に投資をする前には必ず自身で情報を確認するようにしてほしい。

 それでは、今週(2020年1月20日〜1月24日)に「配当利回り」が変わった銘柄を紹介していこう!(※「適時開示」の発表日時が最新の銘柄から順番に掲載)
【※関連記事はこちら!】
⇒【2020年版】ネット証券人気ランキングを発表!この1年間で口座開設の申し込み数がもっとも多かったザイ・オンラインで一番人気のおすすめ証券会社を公開

■2020年1月20日〜1月24日に発表された「配当」情報まとめ!
 「増配」「復配」「記念配」「初配」「減配」「無配」などで
 「配当利回りが変わった銘柄」の情報+最新利回りを公開!

発表日発表内容配当
利回り
最新の株価
記念配◆コニシ(4956・東1)
1/24◆2020年3月期
(26円予想⇒36円予想に)
2.29%
(予想)
【備考】2020年3月期は、中間配当、期末配当ともに「13円」予想で、年間配当金の予想は「26円」だった。しかし、期末配当に創業150周年を記念する記念配「10円」が上乗せされて「23円」予想となり、年間配当金の予想も「36円」に修正された。2019年3月期の年間配当金は「26円」だったので、前期比でも「10円」の増配となり、3期連続増配の見通し。
増配◆ヒガシトゥエンティワン(9029・東2)
1/24◆2020年3月期
(15円予想⇒18円予想に)
3.04%
(予想)
【備考】2020年3月期の期末配当(年間配当金)は「15円」の予想だったが、業績予想の上方修正を受けて「3円」増配の「18円」予想に修正された。2019年3月期の年間配当金は「14円」だったので、前期比で「4円」の増配。
特配◆昭和飛行機工業​(7404・東2)
1/23◆2020年2月7日
(631円の特配を実施)
23.38%
(※利回りは
中間配当と
特配から算出)
【備考】2020年3月期は、「5円」の中間配当を実施し、「6円」の期末配当を予想しており、年間配当金は「11円」となる見通しだった。しかし、「BCPE Planet Cayman, L.P.」による公開買付け(TOB)が実施されることになり、成立後、同社は上場廃止となる見通しに。このため、期末配当の予想は「無配」に修正され、2020年2月7日を基準日として「631円」の特配が実施されることとなった。
増配◆ディスコ(6146・東1)
1/23◆2020年3月期
(未定⇒411円予想に)
1.48%
(予想)
【備考】2020年3月期は中間配当が「91円」、期末配当の予想は未定としていたが、今回「320円」予想となることが発表され、年間配当金の予想は「411円」となることが判明した。2019年3月期の年間配当金は「322円」だったので、前期比で「89円」の増配。
増配◆ハピネット​(7552・東1)
1/23◆2020年3月期
(40円予想⇒50円予想に)
3.67%
(予想)
【備考】2020年3月期の配当予想は、中間配当、期末配当ともに「20円」予想で、年間配当金の予想は「40円」だった。しかし、期末配当が「10円」増配の「30円」に修正され、年間配当金の予想は「50円」となった。2019年3月期の年間配当金も「50円」だったので、前期比では横ばい。
特配◆オーエス​(9637・東2)
1/23◆2020年1月期
(25円予想⇒32.5円予想)
0.90%
(予想)
【備考】2020年1月期は中間配当、期末配当ともに「12.5円」予想で、年間配当金の予想は「25円」だった。しかし、業績予想の上方修正を受けて、期末配当に「7.5円」の特配が上乗せされ、年間配当金の予想が「32.5円」に修正された。2019年1月期の年間配当金は「25円」だったので、前期比でも「7.5円」の増配。
増配◆大丸エナウィン(9818・東2)
1/23◆2020年3月期
(17円予想⇒18円予想に)
1.29%
(予想)
【備考】2020年3月期は、中間配当、期末配当ともに「8.5円」予想で、年間配当金の予想は「17円」だった。しかし、期末配当が「1円」増配の「9.5円」予想に修正され、年間配当金の予想は「18円」となった。2019年3月期の年間配当金は「17円」だったので、前期比でも「1円」の増配となり、2期連続増配の見通し。
記念配◆エニグモ​(3665・東1)
1/23◆2020年1月期
(無配予想⇒7円予想に)
0.78%
(予想)
【備考】2020年1月期は「無配」の予想だったが、東証1部への市場変更を記念する記念配「7円」が期末配当として実施されることになった。2019年1月期には配当は実施されていない。
増配◆電通国際情報サービス(4812・東1)
1/22◆2019年12月期
(70円予想⇒77円に)
1.62%
(実績)
【備考】2019年12月期は、中間配当、期末配当ともに「35円」予想で、年間配当金は「70円」の予想だった。しかし、業績予想の上方修正を受けて、期末配当が「7円」増配の「42円」となり、年間配当金は「77円」で着地した。2018年12月期の年間配当金は「63円」だったので、前期比では「14円」の増配となり、7期連続増配。
増配◆クエスト(2332・JQ)
1/21◆2020年3月期
(33円予想⇒35円予想に)
2.60%
(予想)
【備考】2020年3月期の期末配当(年間配当金)は「33円」の予想だったが、業績予想の上方修正を受けて、「2円」増配の「35円」予想に修正された。2019年3月期の年間配当金は「33円」だったので、前期比でも「2円」の増配となり、2期連続増配の見通し。
増配◆東京製鐵(5423・東1)
1/21◆2020年3月期
(14円予想⇒15円予想に)
1.83%
(予想)
【備考】2020年3月期は、中間配当、期末配当ともに「7円」予想で、年間配当金の予想は「14円」だった。しかし、期末配当が「1円」増配の「8円」予想となり、年間配当金の予想は「15円」に修正された。2019年3月期の年間配当金は「13円」だったので、前期比で「2円」の増配となり、2期連続増配の見通し。
減配◆日本電気硝子(5214・東1)
1/20◆2019年12月期
(110円予想⇒100円に)
4.38%
(実績)
【備考】2019年12月期は、前回予想だと中間配当が「50円」、期末配当が「60円」予想で、年間配当金の予想が「110円」だった。しかし、業績予想の下方修正を受けて、期末配当が「10円」減配の「50円」となり、年間配当金も「100円」となった。2018年12月期の年間配当金は「100円」だったので、前期比では横ばい。
増配◆シンシア(7782・東1)
1/20◆2019年12月期
(2円予想⇒4円に)
0.56%
(実績)
【備考】2019年12月期の期末配当(年間配当金)は「2円」の予想だったが、業績予想が増益に修正されたことから、「2円」増配の「4円」となった。2018年12月期の年間配当金は「2円」だったので、前期比でも「2円」の増配。
※配当利回りは2020年1月24日の終値ベースで計算。