モロッコのエッサウィラにある博物館を訪れた国王モハメド6世(中央、2020年1月15日撮影)。(c)Moroccan Royal Palace / AFP

写真拡大

【AFP=時事】モロッコの国王モハメド6世(King Mohammed VI)が所有する高級腕時計36点を盗んだとして、同国の首都ラバトの裁判所は25日までに宮廷の清掃係として勤めていた女(46)に禁錮15年の実刑判決を言い渡した。

 女は盗みを始めた当初は高級時計を溶かして金の取引業者に売っていたが、後に時計のまま売るようになったという。この事件では女の他にも、金の取引業者や仲介業者ら男14人が昨年逮捕・起訴され、4〜15年の禁錮刑が科されている。この一団は「犯罪組織」をつくろうとしたものの、強盗に関する知識を持っている者がいなかったという。

 現在56歳のモハメド6世国王は、2014年に米経済誌フォーブス(Forbes)の世界長者番付にランクイン。資産総額は25億ドル(約2700億円)以上と推定され、時計の他にも高級車や絵画、ヨットのコレクターとして知られている。

 例えばインスタグラム(Instagram)の高級時計専門アカウントには、2018年9月の撮影としてモハメド6世が高級時計ブランド、パテック・フィリップ(Patek Philippe)のダイヤモンドがはまったホワイトゴールド時計をしている写真が掲載されている。この時計は推定価格1200万ドル(約13億円)とされる。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
日本人男性、パリで9000万円相当の時計奪われる 一服中に腕から
男性の高級ブランド志向、性ホルモンが後押し 研究
【解説】ヘンリー王子夫妻の今後は? 呼称や生計、王室復帰の可能性