穴窯に夢中の喜美子(戸田恵梨香)は、どうすればうまくいくのか窯の前で悩んでいた。家に戻ると、夫の八郎(松下洸平)と弟子の松永三津(黒島結菜)が寄り添って寝ているではないか。激しく動揺したが、穴窯を放っておくわけにはいかない。懸命に窯焚(た)きを続け、どうにか窯の温度が目標に到達した。後は冷えるのを待つことになる。

一段落した喜美子のところに、妹の直子(桜庭ななみ)の恋人・鮫島正幸(正門良規)がやってきた。直子にプロポーズを断られたという。なぜ断ったのか。直子が鮫島に突きつけた結婚条件を聞いて喜美子は驚いた。

弟子の松永三津は八郎への思いを抑えきれなくなって・・・

かたくなな直子を喜美子と下の妹の百合子(福田麻由子)が説得して、「私、鮫島と結婚することにした」。母親のマツ(富田靖子)は「今度は、嘘ちゃうよね」

直子「うん。本気」。そして、直子はみんなに祝福され結婚した。

もう一つ大きな出来事が起きた。弟子の三津は師匠の八郎への思いが募り、もう抑えることができない。このままでは、喜美子の家庭も家族も傷つけてしまうと、出ていくことにきめた。(NHK総合あさ8時)