中国・武漢で新型肺炎の患者が急増 病院の受け入れ能力が追いつかず

ざっくり言うと

  • 25日、新型肺炎の発生地である中国・武漢市の状況が深刻だ
  • 患者の急増に病院の受け入れ能力が追いついていないという
  • 肺炎の疑いと1度診断されたが病院に再診を拒否され、自宅療養中の市民も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x