南野に刺激を受けた室屋は今季どんなパフォーマンスを見せてくれるのか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 イングランドのリバプールに加入した南野拓実が、現地時間1月23日のプレミアリーグ24節のウォルバーハンプトン戦に途中出場した。

 33分、負傷したマネの代わりに4−4−2システムの左サイドハーフに入ると、ポジションチェンジを繰り返しながらサラーやフィルミーノとともに何度かチャンスに絡んだ。ゴールこそ奪えなかったが、プレミアリーグデビューを果たした意義は小さくない。

 なにかと話題の南野だが、彼のリバプール入りを喜んでいるのが“幼馴染”の室屋成だ。親同士も仲がよく、世代別代表やサムライブルーでともにプレーした親友のビッグクラブ挑戦を素直に「嬉しい」と話した室屋は、実を言えば「(移籍が)決まる前から移籍話は聞いていた」。
 
 南野にこのタイミングでリバプールへ行くべきか相談された際の室屋の答は単純明快。「最高じゃん、行ったほうがいいよ」だった。

 室屋の話によれば「拓実はリオ五輪の頃からリバプールに行きたいと言っていた」そうだ。南野の有言実行を目の当たりにして、室屋も少なからず刺激を受けていることだろう。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)