非情な通告を言い渡されたペレス

写真拡大

FCバルセロナは、24日にFWカルレス・ペレスに戦力外通告を突きつけた。

これは驚くべき予想外の決定である。SPORTが手にした情報では、このカンテラーノは非常に動揺しており、誰もが予想外の事態となっている。

金曜午後、カルレスはトップチームのトレーニングに参加し、通常通りトレーニングを行っていた。
サブ組みにビブスが配られたとき、ペレスはそこから外れ、代わりにアレックス・コリャードが加わった。この時点で何かが起こり始めていた。

最大の衝撃はトレーニング後に起こった。クラブはカルレス・ペレスに電話をかけ、彼がチームの構想に含まれていないこと、そして彼に別のチームを探しに行くように伝えた。

カルレスは今シーズンプレーしたほとんどの試合(13試合)で良質なパフォーマンスを発揮していたため、彼にとってあまりにも予期していなかった宣告であり、誰にとっても大きな衝撃となった。

今後、市場が閉じるまでの約1週間で何が起こるか見守る必要がある。カルレスはバルサBに留まるオプションも除外されている。

昨シーズン終盤にリーガデビューした後、21歳のFWは順調にトップチームで居場所を見つけていった。今季は公式戦13試合に出場し、2得点を記録している。

昨年9月下旬、カルレス・ペレスはバルサと2022年6月まで契約を更新。さらには12月上旬、トップチームで規定数の試合に出場したことにより、契約条項を見直し、トップチームの選手としての契約にもサインしていた。