ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 昨年末から数えると、連続9週の開催となる中山競馬。迎えた最終週に行なわれるのは、伝統のGIIアメリカジョッキークラブC(以下、AJCC。1月26日/中山・芝2200m)です。

 先週は、雨や雪が降るなかでの競馬となり、中山競馬場の馬場も一気に内側が荒れてきました。そうしたなか、GIII京成杯ではクリスタルブラックが大外からの追い込みを決めました。そして今週も、予報では天気が崩れる見込みで、道悪が得意な馬、外からの競馬を試みる馬にとって、ますます有利な状況になるかもしれません。

 今年のAJCCは、出走予定12頭中、9頭が重賞勝ち馬という好メンバーが顔をそろえました。なかでも注目は、ブラストワンピース(牡5歳)でしょう。一昨年のGI有馬記念(中山・芝2500m)を制したグランプリホースが、GI凱旋門賞(11着。2019年10月6日/フランス・芝2400m)からの帰国初戦に、このレースを選んだことには驚きました。

 その実績から、GIIのここでは話題の中心になることは確実。各メディアやファンの間では、推す声、疑う声が入り乱れるかと思いますが、個人的には格の違いで期待に応えてくれる、と思っています。

 鞍上は、昨夏から手綱をとる川田将雅騎手が引き続き務めます。初騎乗となったGII札幌記念(1着。2019年8月18日/札幌・芝2000m)では、それまでのブラストワンピースのイメージとは違う競馬を披露。馬群の中から徐々に押し上げていき、直線に入ってからも、馬群をさばいて抜け出してきました。

 デビューからずっと騎乗してきた池添謙一騎手からの乗り替わり。しかも、凱旋門賞の前哨戦という難しいシチュエーションでした。相手もそろっていて、川田騎手にとっては、かなりプレッシャーのかかるレースだったと思うのですが、新たなスタイルを引き出しての勝利には、感服しました。

 あれで、川田騎手自身も安堵したことでしょうし、関係者からの信頼も得られたのではないでしょうか。凱旋門賞では残念ながら結果を残せませんでしたが、今回、中山でのレースにもかかわらず、川田騎手が継続して鞍上を任されたのは、その証拠だと思います。

 凱旋門賞は、かなり馬場が悪い状態でのレースとなり、日本から遠征した3頭にとっては、酷な競馬となりました。先に復帰したフィエールマン(凱旋門賞12着)が、年末の有馬記念(2019年12月22日)で4着と見せ場を作ったように、そこでの結果は度外視していいと思います。同時に、海外遠征帰国初戦という点も、今やさほど割り引く必要はないでしょう。

 また、ブラストワンピースがここで復帰するということは、フィエールマン以上に立て直す時間があった、ということ。おかげで、トレセンに帰厩してからの動きも悪くありません。大型馬ゆえ、当日の馬体重だけはチェックが必要ですが、力を発揮できる態勢は整っているはず。その強さをあらためて示してほしいですね。

 次に注目されるのが、横山典弘騎手が久しぶりに騎乗するミッキースワロー(牡6歳)です。

 デビューから3歳の夏までは、菊沢一樹騎手がコンビを組んでいましたが、勝ち切れないレースが続いて、3歳秋のGIIセントライト記念(中山・芝2200m)で横山典騎手に乗り替わり。すると、皐月賞馬アルアインを破る快勝を見せて、初の重賞制覇を遂げました。

 以降、横山典騎手が主戦を務めてきましたが、昨夏のGIII七夕賞(2019年7月7日/福島・芝2000m)で再び転機がありました。その前走、GIIIエプソムC(10着。2019年6月9日/東京・芝1800m)で賞金加算が叶わず、七夕賞出走が急きょ決まったようで、先約があった横山典騎手に代わって、再度菊沢騎手とのコンビが復活することになりました。

 そして、この思わぬ巡り合わせによってか、ミッキースワローが2年ぶりの重賞制覇を達成。菊沢騎手に、初の重賞タイトルをもたらしました。

 その後の2戦は、レース展開やハンデ差などによって勝ち切れず、惜しいレースが続いています。やはり、能力が高い馬であることは間違いなく、今回は再び菊沢騎手から横山典騎手への乗り替わりとなりました。

 これまで、2度の乗り替わりのタイミングで重賞を勝っているミッキースワロー。中山・芝2200mというのは、セントライト記念を勝って、一昨年のAJCC、昨年のGIIオールカマー(2019年9月22日)で2着となった相性のいい舞台ゆえ、今回も好結果が期待されます。

 さて、今回の「ヒモ穴馬」には、ミッキースワローと同じく、乗り替わりという点が目を引く実力馬を取り上げたいと思います。中谷雄太騎手から、2年連続リーディングを獲得したクリストフ・ルメール騎手へと乗り替わる、ステイフーリッシュ(牡5歳)です。


一発ムード漂うステイフーリッシュ

 3歳春のGII京都新聞杯(京都・芝2200m)を勝って以降、長く勝利から遠ざかっている同馬。それでも、GIはともかく、GII、GIIIクラスでは好走を繰り返していて、ここでも地力上位の存在です。

 中山コースも、過去にGIホープフルS(芝2000m)、GIII中山金杯(芝2000m)と2回走って、3着、2着と好結果を残しています。昨年のこの時期は、GII京都記念(2019年2月10日/京都・芝2200m)に出走して2着でしたが、今年はあえて中山に遠征してきた点に勝負気配を感じます。

 前走のGIIIチャレンジC(2019年11月30日/阪神・芝2000m)は、この馬としては珍しい大敗(10着)でした。これは、直線での不利が堪えたものだったのですが、同じ馬主(社台レースホース)のギベオンとぶつかる格好になって、2頭とも大敗してしまうという後味の悪い結果でした。

 そうして、今までは矢作芳人厩舎らしい騎手起用だったこの馬も、今回初めて外国人騎手に手綱を任せるという、大胆な決断がなされました。そこには、前走の”悪い流れ”を変えたいという気持ちもあるのでしょうが、「勝ち切れないレースが続いているので、この乗り替わりで何とか勝利がほしい」という、厩舎やオーナーサイドの強い決意が感じられます。 矢作厩舎と言えば、昨年末は有馬記念とホープフルSという中山のビッグレースを、リスグラシューとコントレイルで連勝を飾りました。今、勢いのある厩舎ですから、善戦タイプのステイフーリッシュも今回、予想を超えるような走りを見せてもおかしくありません。