少し休ませて…。彼氏が彼女に「疲れきってしまう瞬間」って?

写真拡大

彼氏が彼女に疲れきってしまう瞬間は、実はいろいろな場面で訪れるものです。女性にとっては意外なタイミングで、彼氏は愛想をつかしている場合もあるかもしれません。急に彼氏が冷たくなったときは、以下のようなことをしていなかったかよくチェックしてみることが大切です。そこで今回は、彼氏が彼女に「疲れ切ってしまう瞬間」について解説していきたいと思います!

(1)LINEの頻度が高すぎる

『あまりにも頻繁にLINEがくると面倒くさくなってしまう』(26歳/広告)普段のLINEのやりとりの頻度には、注意しましょう。とくにLINEを送りすぎると、その頻度の高さに男性はすっかり引いてしまう場合があります。しかも鬼LINEしがちな女性は、「今どこ?」「誰といる?」といった束縛系のメッセージをよく送りがちです。そうなると男性はますます引いてしまい、なんだか彼女と付き合うの疲れた……と思ってしまいます。

(2)既読無視したことを責められた

『忙しくて返せなかっただけなのに、責められてイラっとした』(28歳/建築)LINEの既読無視を責められて、これからの付き合いに嫌気が差してしまう男性も多いです。「なんで既読無視するの?」「早く返信して」なんて言われれば、当然男性は嫌な気持ちになるでしょう。「こっちだって都合があるのに……」という思いから、彼女の自己中ぶりにイラッとしてしまうんですね。

(3)わがままが多い

『わがままが多すぎて疲れてしまった』(26歳/飲食)わがままが多いと、それが彼氏を疲れさせる原因になることもよくあります。彼女のわがままならなんでも聞きたいというのは、半分きれいごとのようなものです。もちろんそんな心理も男性にはありますが、さすがにわがまま放題の彼女では、付き合ううえで疲れも感じるものでしょう。

(4)依存された

『あまりにも依存されすぎて重くなってしまった』(31歳/建築)過剰に依存されたことで、なんだか疲れる……と思う男性も多いです。一人では何もできず、「あなただけ」と言わんばかりに依存してくる彼女は、男性にとって正直重いもの。そんな重い彼女なら正直要らないよ……なんて感じてしまう男性も多いでしょう。疲れ切ってしまう瞬間が多いと、当然ながらそれは別れを早めることにはつながっていきます。以上のような瞬間には絶対に注意しつつ、彼から疲れると思われない彼女になることを目指してくださいね!(恋愛jp編集部)