22日(2020年1月)の衆院本会議の代表質問で、国民民主党の玉木雄一郎代表が選択的夫婦別姓の導入を提案し、「姓を変えないといけないから結婚できないという相談を受けた」と述べると、議員席から「だったら結婚しなくていい」というヤジが飛んだ。

立憲民主党の枝野幸男代表は「夫婦別姓を求める人を傷つける発言」、蓮舫副代表は「憲法に保障されている結婚の自由を否定している」と批判し、。国民民主党の原口一博国対委員長は「ヤジを飛ばしたのは、自民党の杉田水脈議員」と名指しした。

杉田議員は逃げ回り、議院運営委員会でも、自民党に事実確認が要求されたが、「確認していない」とやはりうやむや。杉田議員は月刊誌「新潮45」で「LGBTの彼ら、彼女らは子供をつくらない。生産性がない」と投稿してもう批判を浴び、「新潮45」は廃刊に追い込まれた。

本気でそう思ってるならなぜ堂々と主張しないのか

キャスターの立川志らく「結婚しなくてもいいという意見はあってもいいと思う。でも、言ったのなら、その理由を説明すればいい。言っていないのなら、私ではないと言えばいいだけ」

いや、結婚するかしないかという問題ではなく、したくてもできないという話なのだ。

IT企業取締役でお笑い芸人の厚切りジェイソンは「国会は記録に残らないことを匿名で言う場所ではありませんよ」

ある自民党幹部は、「党としては、調査はしたが誰の発言かわからないということにして、杉田議員にも何も答えるなと指示が出ている」と話しているという。