相模原殺傷事件の被告が改めて持論「意思疎通が取れない人は安楽死すべき」

ざっくり言うと

  • 神奈川県相模原市の障害者施設で入所者45人が殺傷された事件の裁判
  • 被告は24日、「意思疎通が取れない人は安楽死すべき」と改めて持論を展開
  • 「国からのお金や家族の時間を使う限り、守ってはならない」などと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x