「マインドフルネス瞑想」で集中力や仕事力をアップ!

写真拡大

最近、海外セレブや著名人の間で話題の「マインドフルネス瞑想」をご存じでしょうか?

 これは、「今ここに集中している心の在り方」で、雑念を取り払いリラックスしつつも、集中して感覚を研ぎ澄ませることです。マインドフルネス瞑想をすることによって、常に頭でいろいろなことを考えてしまう現代人の不安やストレスを軽減することが可能で、「集中力や効率のアップ、安眠に繋がる」と、海外では空前の大ブーム! マインドフルネス瞑想教室が存在するほどのようです。

 瞑想をする上で気を付けるポイントは、「姿勢」と「呼吸」のみで、立っていても座っていてもOKです。そのやり方を紹介しましょう。

1.姿勢を正し、体の中心が軸になるようにまっすぐ座り(立ち)ます。

2.目は開けていてもかまいませんが、どこか遠くの1点を見つめましょう。

3.ゆったりを腹式呼吸をし、呼吸のリズムに専念します。吸って、体内に酸素を循環させ、吐いての繰り返しをイメージしてください。

 時間は3〜30分など、人によってさまざまですが、まずは3分程度をオススメします。

 マインドフル瞑想の他にも、マインドフルイーティング(食事に集中する瞑想)や、ムーブメントメディスン(踊る瞑想)なども人気のようです。興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

(佐藤ちひろ)