クロップが南野のプレミアデビュー戦を評価「最初としては並外れていた」

写真拡大

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、南野拓実のプレミアリーグデビュー戦を評価している。英紙『ミラー』が報じた。

リヴァプールは23日、プレミアリーグ第24節でウォルバーハンプトンと対戦。南野はプレミアリーグ3試合連続でベンチスタートとなったが、サディオ・マネの負傷で出場機会を得ることに。33分から途中出場し、プレミアリーグデビューを飾った。

試合にはロベルト・フィルミーノのゴールで2-1と勝利したものの、南野は大きなインパクトは残せず。クロップ監督は「タキ(南野)にとって本当に難しかったと思う」と話し、厳しい状況での投入だったと語っている。

「彼はすぐにふくらはぎに違和感があったので、ハーフタイムで治療が必要だった。プレミアリーグ最初の試合としては並外れていたよ。スーパーだった。チームに完全に適応していたし、本当にいいことだ」

また、クロップは南野のポジションにも言及。ウルブス戦では右サイドに入ったが、「タキは2〜3週間トレーニングをして、FAカップでは中央、現在は両サイドでプレーしている。彼を必要としているが、本当のウィンガーではないし、ライン間の選手だ」と適正ポジションでは起用できていいないことを明かしている。

なお、負傷したマネについては「それほどひどくはないし、筋肉の問題だ」と話した。