14連勝のリヴァプール…主将ヘンダーソンは苦戦を認めつつ「戦い続けた」

写真拡大

リヴァプールの主将を務めるMFジョーダン・ヘンダーソンは、ウォルバーハンプトン戦の勝利に喜びを語った。『BTスポーツ』が伝えている。

リヴァプールは23日、プレミアリーグ第24節でウォルバーハンプトンと対戦。ヘンダーソンのゴールで先制しながら、後半に追いつかれる。それでも、終盤にロベルト・フィルミーノのゴールで勝ち越し、2-1で勝利した。

ヘンダーソンは「ウルブスはいいチームだし、激しい試合だったが、僕らは戦い続けた」と話して試合を総括している。

「しっかりと守れたね。後方の大男とGKが素晴らしい仕事をしていた。チャンスは多くあったし、もっと早く終わらせたかったね」

また、自身のヘディングシュートについては「初めてかもしれない。ありがたいことに入ってくれた」と喜んだ。

リヴァプールはこれで14連勝。ヘンダーソンは「とにかくまずは次のゲームだ。これを続けていきたい」と3日後のFAカップ・シュルーズベリー戦を見据えた。