FC東京に加入した新加入選手9人。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 2020年1月23日、FC東京の新体制発表会が渋谷ストリームホールで行なわれた。ファン・サポーターを招いての同イベントはユニホームのお披露目をはじめ、東と永井のトークセッション、新加入選手&新任スタッフの紹介などがあり、大いに盛り上がった。

 新体制発表会の具体的な内容に言及すれば、まずは2020年シーズンの開幕に先駆けて、大金社長が「2023VISION」の立ち上げを発表。その一部を紹介するなら、国内、アジアでのタイトル獲得(フィロソフィに基づいた積み上げ、選手・チームへの投資、選手間競争とチーム成長を醸成)、世界で通用する選手の輩出(フィロソフィに基づいた育成、能力主義の育成、世界目線での指導力強化)を目指すというものだった。さらに「サッカー専用スタジアム」にも触れ、23年までには「実現は難しいですが、絵になれば」と同社長はコメントした。

 大金社長が「2023VISION」の中身を一通り説明し、今季のスローガン(強く、愛されるチームをめざして)を発表したあと、羽生直剛氏が登壇。昨季までスカウトを務めていた同氏は今季から「クラブナビゲーター」を務めることになり、「2023VISION」の実現のために黒子として汗を流す決意を表明してくれた。

 その後、東と永井が新ユニホームを着て「ホームで勝ち続けたい。去年の経験を生かしたい」(東)、「今年もアウェー8連戦があるので勝ち続けたい」(永井)と新たなシーズンへの意気込みを語っている。なかでも印象深かったのは、「もうチャンピオンしかない。新戦力と融合して勝ちたい」という東のコメントだった。
 
 新加入選手発表では、ユース昇格組3人(野澤大志ブランドン、木村誠二、バングーナガンデ佳史扶)、大卒ルーキー3人(安部柊斗、中村帆高、紺野和也)、助っ人3人(アダイウトン、レアンドロ、ジョアン・オマリ)の順に紹介。即戦力として期待される安部は「持ち味の運動量や球際の強さをどんどん出したい。チームのために全力で戦う選手になれれば。ボランチは一番気を遣わないといけないポジションなので、橋本選手や郄萩選手の良いところを盗んでモノにしていきたい」と力強く語っていた。またレアンドロは「ACLの戦いに向けて準備はでいている」と、1月28日に予定されているACLプレーオフ、セレス・ネグロス(フィリピン)との一戦に向けて闘志を燃やしていた。

 そんな新戦力を加えたチームを率いる長谷川監督はこう新シーズンへの決意を述べている。

「今シーズンこそは、という気持ちでいっぱい。キャンプでの練習試合の結果はいまいちでしたが、新しいチャレンジに意欲的に取り組んでくれました。チャンピオンになるためには立ち止まっていられない。大きな怪我人もなく、良いコンディションでキャンプを終えられた。ACLのプレーオフに勝って、東京のチームがアジアのチャンピオンにならないといけない。そういう意味ではチャレンジの年だなと。みんなで力を合わせて、Jリーグの初タイトルというところも目指して頑張りたい」

 その長谷川監督から最後に今季のキャプテンが発表された。チームのまとめ役を担うのは、昨季に続いて東。「今年はシャーレを掲げたい。渋谷でパレードをしたいです」と笑顔を見せたキャプテンを中心に、JリーグとACLで旋風を巻き起こせるか期待したい。

【FC東京新体制PHOTO】"サプライズ"で2選手も登壇、キュートな東京ドロンパは総選挙に向け公約を発表「●●します」!?

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
2020年シーズン メンバーリスト
★=新加入

GK
1児玉 剛
13波多野豪
33林 彰洋
41野澤大志ブランドン★

DF
2室屋 成
3森重真人
4渡辺 剛
5丹羽大輝
6小川諒也
22中村拓海
32ジョアン・オマリ★
36柳 貴博(レンタルから復帰)
37中村帆高★
47木村誠二★
49バングーナガンデ佳史扶★

MF
7三田啓貴
8郄萩洋次郎
10東 慶悟
15アダイウトン★
17ナ・サンホ
18橋本拳人
19宮崎幾笑
20レアンドロ★
28内田宅哉
31安部柊斗★
35鈴木喜丈
38紺野和也★
40平川 怜(レンタルから復帰)
44品田愛斗
45アルトゥール・シルバ

FW
9ディエゴ・オリヴェイラ
11永井謙佑
23矢島輝一
24原 大智
27田川亨介