医療事故で10代患者が昏睡状態に 呼吸を確保する管が外れ

ざっくり言うと

  • 群馬県は23日、県立小児医療センターで医療事故があったと発表した
  • 10代の患者に装着していた呼吸を確保する管が外れ、低酸素脳症となったそう
  • この患者は後遺症による昏睡状態が続いているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x