米Microsoftは1月22日 (現地時間)、昨年10月に発表したSurfaceのデュアルスクリーン・デバイス向けのソフトウェア開発キット (SDK)のプレビューを発表した。22日に「SDK for Microsoft Surface Duo」プレビュー版をリリース、またWindows 10X向けの開発サポートを含む「SDK for Windows 10」のプレビュー版の提供を数週間中に開始する。

同社は昨年10月に米ニューヨークで開催したSurfaceイベントで、5.6インチのデュアルスクリーンを備えたAndroidデバイス「Surface Duo」、デュアルスクリーンPC向けにデザインしたOS「Windows 10X」と同OSを採用したデュアルスクリーンデバイス「Surface Neo」を発表した。Surface DuoとNeoは、2020年ホリデーシーズンに登場する予定だ。

9インチのディスプレイを2枚装備し、360度回転するヒンジで自由に折りたためる「Surface Neo」

SDK for Microsoft Surface Duoのプレビューリリースは、DisplayMask APIやHinge Angle SensorなどSurface DuoのデュアルスクリーンをサポートするNative Java APIを含み、「Android Studio」でSurface Duoのイメージ (プレビュー)を備えたAndroid Emulatorを利用できる。

Microsoftが手がける2画面Androidデバイス「Surface Duo」

SDK for Windows 10のプレビューリリースは、Windows 10Xのデュアルスクリーン機能をサポートするNative Windows API、Windows 10Xでの動作をシミュレートするためのデュアルスクリーンHyper-Vエミュレーター (Microsoft Emulator)を含む。動作要件は、64-bit Windows 10の最新のWindows Insidersプレビュー・ビルドが動作するPC (4コア以上の64bit CPU、8GB以上のRAM、Direct X 11.0以降をサポートする単体GPU)。

Microsoft EmulatorでシミュレートしたWindows 10X

プレビューSDKを発表した公式ブログ記事で、同社は現時点におけるデュアルスクリーン・デバイスでのアプリの基本的なふるまいについて説明している。アプリを起動すると、デフォルトでは2画面の片側に表示される。ユーザーのアクションで2画面ポートレートまたは2画面ランドスケープに広げられる (Span)。開発者は全画面表示されるようにプログラムできるが、2画面に広げるSpanはユーザーのアクションに限られる。

デュアルスクリーンにおけるアプリの表示パターン