渡部建のYouTubeチャンネル、「まさかの伸び悩み」の“根本的解決策”とは?

写真拡大

 アンジャッシュ・渡部建がYouTubeチャンネル「アンジャッシュ渡部のYouTube」を19年12月に開設したが、どうも視聴者の望む内容とは異なるようで、チャンネル登録者数は伸び悩んでいるようだ。

 初回は19年12月24日のクリスマスイブに「YouTubeはじめました!」をライブ配信した。

「こんな誘い方すると女の子からイエスがもらいやすいとか、初めてのデートはこういうお店選びをすべきだとか、三十代の時に培った話をやってくれっていうのがありましたら、やります…」と、女優でファッションモデルの妻・佐々木希をゲットしたモテ男だからこそ言えるコメントでスタート。

 ほかにも渡部の好きな高校野球やグルメについても語りたいことを付け足して、「やってほしいテーマ、聞きたいこと、ありましたらじゃんじゃん書き込んでいただければと思います」と結んだが、コメント欄には「佐々木希出せ」「佐々木希が出たらチャンネル登録します」などと、相方の児嶋一哉より多く名前が飛び交う始末だった。

 1月17日、『【今日から使える】初対面や初デートで使える恋愛の裏技を秘かに教えます』を投稿すると、「嫁が佐々木希だから絶大な説得力がある」と肯定的なコメントもある反面、「『希出せ』で埋まったあのコメ欄を見たのか(困惑)」といった、不満げなコメントも散見された。実際、「王様のブランチ」(TBS系)など10本以上のレギュラー番組を抱える渡部にしては、チャンネル登録者数が7000人弱と苦戦しているのだ。

 これも美人妻をもらった宿命か。夫のためにも、ここは低迷を根本的に解決をはかる意味で妻・佐々木希に一肌脱いでもらいたいところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)