浦和、GK西川周作がキャプテンに就任!「サッカー人生で初めてのキャプテンという立場に…」

写真拡大

 浦和レッズは22日、2020シーズンのチームキャプテンがGK西川周作に決まったと発表した。

 西川は現在33歳。大分トリニータ、サンフレッチェ広島を経て、2014年から浦和に加入し、2019シーズンは明治安田生命J1リーグで33試合に出場。公式HPにて、以下のように決意を語っている。

「サッカー人生で初めてのキャプテンという立場になりました。僕らしくポジティブに、チャレンジしていく姿勢でチームの勝利のためにがんばります。これからの長いシーズン、苦しいとき、うれしいときいろんな状況がこの先あると思います。どんなときでも落ち着いて、前向きにチーム一丸となりがんばっていきます! ファン、サポーターのみなさん。今シーズンもどうぞよろしくお願いします」

 また、副キャプテンがDF鈴木大輔、MF長澤和輝、MF関根貴大に決まったことも併せて発表されている。

 浦和は2月16日、JリーグYBCルヴァンカップのベガルタ仙台戦で今シーズンのオープニングマッチを迎え、明治安田生命Jリーグの開幕戦は2月21日にアウェイで湘南ベルマーレと対戦する。